ダイエットを成功させるためには、食事のカロリーや栄養バランスに気を使うことはもちろん、お酒にも気をつけなくてはいけません。

お酒は飲みものということもあり、つい、カロリー計算を忘れがちですが、飲みすぎると意外と多くのカロリーを摂取してしまう場合があります。

そして、ダイエットにも様々な方法がありますが、炭水化物を控える低炭水化物ダイエットを行っているときなどは、お酒も米や小麦などの炭水化物から作られていますので、気をつける必要があります。

とはいえ、ずっとお酒を我慢するのは難しいものがありますし、お付き合いでどうしても断れない場合もあります。

そういった場合、グルテンフリーダイエットを行っているのであれば、麦芽など原料が麦でないアルコールなら飲むことができますので、ビールなどは避け、日本酒や麦を利用していない焼酎、洋酒ならワインなどを選んでみるのも良いでしょう。
そして、原料が麦でないからといって、飲みすぎるとカロリーオーバーになってしまいますので、お酒の量は控えめにしましょう。

それから、お酒だけではなく、一緒に食べるおつまみや料理のカロリーや栄養バランスもよく考え、できるだけ低カロリーのものを選んでいきましょう。