ダイエットではカロリーに注目してしまい、高カロリーの肉などを控える方がいますがそれは逆効果になる場合もあります。ダイエットではカロリーに注目をするのではなく、GI値を意識する必要があります。GI値とは血糖値が上がる速度のことです。食事をしてどのくらいの速さで血糖値が上がるのかを数値化したものがGI値です。GI値の基準はブドウ糖を摂取した時の速度を100としています。ダイエットにはインスリンというホルモンが大きく関わっています。このインスリンは血中の血糖値を下げる役割があります。食事をして血中の濃度が上がると、血中濃度を下げるために各細胞に糖を運びます。しかし、それでも下がらない場合には、脂肪細胞に運び血中濃度を下げる働きがあります。この働きにより脂肪が蓄えられる原因になります。大切なのは、GI値の低い食品を多く摂取することが大切です。炭水化物などはGI値の高い食品で、魚や肉、豆類などのタンパク質の多い食品はGI値の低い食品になります。お腹が空いた時には、手軽に食べられるご飯やパンなどに手がいきそうですが、そういう時にこそ魚や肉、豆類などの食品を摂取することにより、お腹も満たされ効果的なダイエットをすることができます。